太陽光発電もLEDへの交換も電気工事に任せる

照明と電球

家

私たちの暮らしには、電気が欠かせません。そして、電気と聞いた時に、真っ先に電球や照明を思い浮かべる人も多いはずです。電球は、切れたら交換せねばならず、いずれは付替えをしないといけない消耗品だと思われていました。ところが、今よりも長持ちする照明が出てきたらどうなるでしょう。最近よく聞くLEDという照明は、いったい何がそんなにすごいのでしょうか。

太陽光発電もそうですが、実はLEDも環境に優しい働きがあります。この照明は、今まで使われていた一般的な照明よりも少ない電力で、今までと同じくらいの明るさに照らすことができる性質があります。
そのため、寿命が長持ちするというメリットもありますが、ランニングコストを下げる役割もあるのです。付け替えがいらないということは、もはや消耗品とは呼べないということです。また、普通の電球タイプや蛍光灯タイプなどもありますので、使われる場所や用途に合わせて適切なタイプを選ぶことができるのです。

一般家庭やオフィスにも、LEDの照明が使われ始めています。照明を切り替えてエコになり、しかもそれがコストダウンにつながるのなら、交換してもいいかなという気持ちになります。

電球の交換は、意外と面倒です。
時に、ハシゴを使って交換しないといけない時があります。電球は非常に便利な物ですが、高齢者の方などは高所作業になるので危険です。そのため、電球を交換するために便利屋に頼むこともあるのだとか。しかし、これは考え方の一つですが、照明をLEDに替えることによって、交換の手間が省けるかもしれません。

LEDの照明は、とても長持ちすることで知られています。その寿命たるや、なんと約5万時間とも言われています。つまり、めったに交換する必要がありません。交換の手間が省けるので、それに割く人件費の節約にもなりますし、電気代も安く、更には虫が寄ってきにくいなどのメリットがあげられています。

あるデータによると、約4万時間使ったとして、普通の電球だと4万時間のうちに約40回の交換がいるとされています。一方で、LEDの場合は同じ条件でも交換が1回で済むと言われています。これで、どれだけ長持ちするかがよくわかります。また、光熱費も安くなる可能性があるので、エコなだけでなくコスト削減にも役立ってくれると言えます。

電気工事が必要な時は、専門の業者に頼みましょう。電気工事を行っているところでは、強電工事や弱電工事なども行っています。また、現代では欠かせなくなったインターネットの回線工事なども行っていますので、今までもこれからも電気工事は私たちの生活にとって欠かせない物であることでしょう。